エビストについて書きます

8 beat story♪と8/planet!!+2_wEi

信じ合う仲間とレッツゴー エビスト第12章

続きです。

 

11章では桜木ひなたがチームにいるべき理由を失っていく過程が描かれました。第12章は再起のストーリー。ひなたの復活と同時に、メンバー8人が無二のチームであることが話の中心に置かれています。

ひなた不在の中で2_wEiとの対戦を控えるメンバーに少しずつスポットを当てつつ、8/pLanet!!の名が付けられ、彼女たちの音楽が未来への可能性を見せる終盤に向かっていきます。

再読してみるとこの、8/pLanet!!というチームの在り方の部分がとても良かったので、その辺をまとめた感想文ということでお願いします。

f:id:nozzey19:20191001182917p:plain

 

7

ひなたの声が出なくなり、更に寮から出て行ったことでメンバーは動揺します。彼女がいない練習の空気はどこかおかしくパフォーマンスも上がらない。前章で言及されたように、ひなたがチームに与えるポジティブな影響が、戦力としても重要だったことが分かります。

2_wEiとの対戦を控えながら最大のピンチですが、その中でメンバーが見せる振る舞いがみんな優しくて健気で泣けちゃうんだよな。。。

 

 

彩芽・杏梨

彩芽は寮を出て行こうとするひなたを呼び止めて、「バトルをやめても居場所はここにある」「何があっても私達はあなたの味方」と伝え、杏梨はひなたと同様にチームを辞めようとしたことを重ね、先輩らしい優しさを見せます。

 

杏梨が辞めようとした理由はひなたとは似ているようで違うのですが、自分はチームにいたい、仲間が必要なんだと気付いて戻ってきたと語ります。彩芽もやはり仲間を、ただ戦力として捉える以上に大切に思っている。

ライブバトルで苦しむひなたの気持ちに寄り添い、たとえチームに戻ってこなくてもひなたがまた楽しそうに歌えるように願うところは良いですよね。ひなたの歌声に惹かれたファンでもあり、ライブバトルのために集まったとしてもそれだけで繋がっているわけではないという。

ひなたをバトルに巻き込んだことで自分を責める彩芽を制止するのもそうで、メンバーそれぞれの思いやりが見えてきます。

 

 

ゆきな・ほたる

努めていつも通り明るく振る舞おうとするゆきな、なんとかチームを盛り上げようとする先生をたしなめるほたる。ひなたもそうですが、ショックを受けているであろう鈴音心配します。あまり尺は割かれないものの12-4でチーム想いのところが見られます。

 

 

鈴音・月

月の元気が取り柄という自覚と役割の認識、鈴音の「無理しないで月ちゃんも休もう」……

ひなたと並んで胸を張って歩けるようにというのはひなたからの自立であり、もっと言えば前章の鈴音のようにチームのために行動するという意味があると思います。鈴音はそういう事が自然にできる月ちゃんにも、憧れがあるんじゃないかな

 

 

メイ

8人で2_wEiにぶつからなければ勝利はないと拘り、焦ります。未来からやってきた彼女の将来の夢は他の7人と違って、職業ではなく「音楽に溢れた未来を作る」ことです。このチームが結成されたのと同じ理由・動機を持って音の杜学園に入学した人物でもある。一番シリアスな動機とも言え、ひなたを無理にでも説得する、何をしてでも勝とうとする理由があります。

ただひなたがステージに立つか否かはチームが必要とするかではなく、前章の内容のようにひなたの意思の問題なのです。メイ達に出来ることはあまり多くありません。

 

鈴音はメイにチームを信じようと諭します。ひなたが楽しく歌えるチームを守るのが今できることだと。信じるというのは、自分たちがこれまで積み重ねてきたものが再びひなたを呼び戻すと信じることでしょう。メイはひなたの歌声が録音されたメディアを先生に渡して待つことにします。

メイの心はその歌を聴いたことで宿ったものだと明らかになります。彼女もやはり、ひなたが音楽を楽しむ心を取り戻すのを願ったのでしょう。

この章では勝ちに焦る場面が多いメイですが、ライブ後には楽しさに感極まっていたり、やはり彼女も仲間が大切で、8人で歌うことが大好きでたまらないんですよね。

f:id:nozzey19:20191001183353j:plain

ソロ曲がまだ温存され、ひなたと同様物語の重要なキーになりそうなメイですが、この先一体何が起きるんでしょうね…

 

ひなた

無邪気に歌うことを楽しんでいた幼少期のエピソードが挿まれ、しかし今はライブバトルという戦いに苦悩している。チームにいる理由を見失い、声を失い、自分を責めます。

2_wEiはひなたに会いにきて、彼女らなりの答えとして、喪失を抱えながら生きていくしかないんだよと言います。でもひなたとは状況が違います。

すべては変わりゆく だが恐れるな、友よ 何も失われていない なんだよな〜。

 

 

先生はメイから渡された歌をひなたに聴かせ、楽しそうに歌うひなたが好きだと、歌うことが好きというだけでいいんだと言います。かっこいいぜ、先生

自身の純粋な歌声を聴いて音楽は楽しいんだという気持ちを思い出しますが、彼女がここで思い出すのは8人が初めて集まった日のワクワクであり、8人でしかできない音楽を歌っていこうという思いなんですよね。

ライブバトルは本当にやりたいことではなかったことに気付いてしまったのが第11章でしたが、「8人で」歌うことが一番楽しい、大切なことなのだと確認することでチームに戻っていくことになります。そういう気持ちを伝えるためにチームのもとへ走ります。

彼女にはアイドルになるという夢もありますが、8人で歌える場所は音の杜学園にしかないのです。

f:id:nozzey19:20191001183228j:plain



 

8/pLanet!!

8人それぞれチームが大好きでメンバーを思いやるシーンが描かれてきて、ひなたが声と音楽を楽しむ心を取り戻した。8人で歌うことの意味が明確になった。ここにきてついに『8/pLanet!!』という現実世界での声優ユニットの名がゲーム中でも付けられることになります。「8人が出会った奇跡」という意味の名前を付けるにあたって、素晴らしい段取りなのではないでしょうか。

桜木ひなたと8/pLanet!!は、8人で歌うことの楽しさ、音楽の楽しさを人々やMotherに伝えるために歌い続けるんだと宣言しました。8/pLanet!!の音楽が一体どんなものなのか、はっきり言葉にされました。2_wEiはサイドストーリー第2章で、勝敗など関係なく2_wEiだけの絶望を歌うという境地に達した(それがライブバトルへの態度に表れている)のですが、8/pLanet!!もそこに追いついたという風に思います。

 

8人の音楽になにかの可能性を感じたのか、ひなたの思いが伝わったのか、2_wEiが試合放棄をしたことで両者に白黒が付けられるという結果もなくなり、本来たどるはずの敗北の歴史とは違う未来へと物語は進んでいくようです。メイは未来を変えられると信じて、第12章了。

 

 

雑感

初読時はひなた再起のストーリーというイメージに引っ張られすぎたのでしょう、2回目を読んでみるとこれは8/pLanet!!というチームのストーリーでもあると見方が少し変わりました。

アプリのサービス開始から3年以上、これまではゲーム中のユニットは厳密には「音の杜学園のチーム」みたいな言い方をするしかなかったのですが、8人個別のエピソードを経て、第12章でのこういう内容を踏まえて名前が付けられるという展開になりました。このやり方のなんと気が長く、納得感があり、カタルシスのあることか。

ストーリー解放のためにライブをこなしている中で『第10 8/pLanet!!というタイトルが画面に出た時の驚きといったらもうね。

そしてひなたソロ『Teardrop』リリースのゲーム内イベントを踏まえ、メロディを知った上で第7話で流れてくる鼻歌。こういう感動はリアルタイムで作品を転がして、リリースする・受け取る順番がコントロールされているからこそという部分もあり、ずっと追ってきてよかったと思わされます。めちゃめちゃおもしろいです。

 

彩芽・メイ・ひなた本人の心を動かした楽しそうな歌声というのも、何もストーリーだけで示されているのではなく楽曲の中でそう思わせる説得力があります。8/pLanet!!8人揃った時のボーカルの響き・イメージも、今回示された方向と一致していると思います。ストーリーが進むにつれてそういう断片がパチパチと綺麗に組み合わさっていくような楽しさがあるんですよね。

 

 

5th Liveに向けて

Teardrop』『Precious Notes』には「届けこの想い/メロディ」という象徴的なフレーズがあります。それが含む意味は多様だと思いますが、ひとつはここまで書いてきたような「音楽を楽しむ心」でしょう。『RapidRock』はそういう8/pLanet!!のイメージにぴったりな楽しいタッチの新曲です。

このストーリーの延長上に5th Liveを置いて考えると、そういうメッセージを誰かに伝えるライブになるのかなとぼんやり考えています。観客に、ストーリー上の存在としてのMotherに(そのMotherはどうにも異常を抱えていそうですが)。それがまた影響を与えて物語が続いていくのではないでしょうか。

仕上がってきた?僕はもう準備万端さ!

 

 

新章についてのツイートやブログ

紹介させていただきます。

sakstyle.hatenablog.com

ohmameazuki.hatenadiary.com

容赦なく主人公の逃げ道を潰すエビスト第11章、読んだ?

A.めちゃめちゃおもしろかった〜。

 

再読したのでどんな話だったかまとめます。第12章についてもたぶん書きます。

 

f:id:nozzey19:20190918215341j:plain

11章と第12章は桜木ひなた編としてセットになっているんですが、第11章は彼女がチームの中にいる理由・意味を見失っていく話です。

ひなた自身の苦しみは作品設定の根幹であるライブバトルの仕組みから来ていることが読み進めていく中で分かるのですが、そこに焦点を当てていくシナリオの手際というか、彼女がライブバトルに立てない他の理由、逃げ道の潰し方に容赦がない。

仲間に認められている、自信を持てたからという理由でチームに戻るという線が消されて、彼女自身の意思の問題として解決しないと戻れないのが明確になっていくのです。

仲間はみんな優しいしひなたもみんなが大好きなのにチームにいられない状況がロジカルに組み立てられていく。読んでいてめちゃめちゃ辛い。

 

 

主人公にありがちなキャラクター造形、からの

10章で虎牙アルミが発した問い(才能に溢れたメンバーが揃っているチームの中に、何も持っていないひなたが何故いられるのか)は彼女が悩みはじめるひとつのきっかけになります。

目立った才能を持たないキャラクターが劣等感に苛まれる話はアイドルものに限らず見られるものだと思いますが、桜木ひなたの場合、この問いが現れる前に実は回答は出ています。

つまり心の底から音楽が大好きで、楽しんで歌うことで人の心を動かすことができるということです。

 

その能力はメインストーリーの中で描写されています。5-2『昔のおはなし5』では勝てるチーム集めに焦る彩芽が偶然彼女の歌を聴いて音楽を楽しむことが一番大事だということに立ち返る一幕があり、後日それがチーム加入のきっかけになるのです。

11章の中ではひなたを勧誘した理由を彩芽がはっきり伝えますし、他のメンバーもひなたに信頼を置いていることがわかります。

チームの中の光だと杏梨は語りますが、ひなたという名付けはまさしくそういう意味がありそうですね。

f:id:nozzey19:20190918214917j:plain

 

10章が公開された時点で、我々ユーザーも、ストーリーや楽曲あるいはライブを通して桜木ひなたの特別な能力を理解していたと思います。なので次章の着地点もおおよそ目処はつけていたのではないでしょうか。

しかしそれはある意味ミスリードで、作品のもっと深い場所に踏み込んできたのがこの第11章になりました。

 

 

アイドルオーディション

ひなたの幼い頃からの夢:アイドルになることをここで持ち出すことで、ライブバトルは彼女が本来やりたかったことではないのが明らかになってしまいます。

5-11『昔のおはなし7』は鈴音がひなたを紹介するシーン。歌う場所を持たなかったひなたにとって渡りに船で、その時はライブバトルが何かを知らず(参戦という言葉に少し引っかかりを覚えながら)喜んでチームに加入することになります。

歌って踊ることそのものはアイドルと同じで、メンバーにも認められて楽しい。

しかし時間が経つにつれてその仕組み(勝敗を決め、敗北を続ければBANされる)に疑問を持ち、心の中にモヤモヤが溜まってきたというのがこの章の内容です。

 

第10章では2_wEiのパフォーマンスにひなたが感動してそれを2人に伝えるも、敵同士なのに馴れ馴れしい、平和ボケだとミントに返されていますね。空乃かなでとの交流・別れもあって、アンドロイドの音楽も関係なく好きだという言葉に重みが出てきました(我々ユーザーも一緒に彼らに触れてきたのがこの1年強でもあります)。

遡れば、ひなたは第1回リーディングイベントの劇中で既にライブバトルで勝敗を決めることに戸惑いを覚え、バトルでチームを引っ張る役割を与えられて悩んでいます。

 

ひなたはオーディションの最終審査で落選し、再びこのライブバトル問題に大きく直面します。つまり、戦いたくない。

音楽が大好きであるがゆえにMotherによる音楽の選別であるライブバトルという仕組みに疑問を持ってしまう。チームに自分の力が必要とされているのは理解していても、その気持ちのまま参加すればチームに迷惑をかけてしまう。

ならばチームにいられないのではないか。

彩芽や杏梨はひなたのこの部分をしっかり理解していて、彼女をライブバトルの場に置くことで苦しめているのかもしれないと気付いています。だから彼女を引き止めることができない。

桜木ひなたの「音楽が大好き」というキャラクター造形とライブバトルという舞台設定が重なりながら、脱退が避けられない状況になっていく。恐ろしいです。

 

 

水瀬鈴音

ひなたがチームに入れるように彩芽に紹介したのは鈴音でした。

鈴音は1年時から勧誘されていましたが、引っ込み思案で集団の中に入っていけないことから加入を断っていました。2年時にひなたと一緒ならばと加入します。

ひな鈴は昔からの幼馴染で、明るいひなたが内向的な鈴音とよく遊んでいる、支えてやっているという関係があり、加入のエピソードもそれを受けたものになっています。

ひなたの中にも鈴音を支えてあげたいという意識、関係性に対する自覚があったのでしょう。

 

f:id:nozzey19:20190918214735j:plain

 

先生とメイの深刻げな会話を聞いた鈴音は彼らについていき、2_wEiに対抗するためにゆきなのTV番組にピアノ演奏で出演することに決めます。

主に第7章を経てチームの力になる、人前に出ることができるようになった、彼女の自立を示すエピソードです。それを見たひなたは、もはや鈴音は自分の助けを必要としていないことに気づきます。

これで鈴音の支えとしてチームに残るという意味がなくなってしまった。

 

皆が認めてくれる、能力に自信が持てた、鈴音が必要としている、そういう理由でチームに残るという筋はもうありません。

音楽は本来楽しいものなのに、なぜライブバトルは勝敗を決め、選別し、自由を奪うのか。その仕組みの中で歌いたくない。残ったのはそういう疑問・拒否感です。この問題を解決しなければひなたは再びステージに立つことができず、ストーリーとして納得のいく着地は望めません。

例えばメイが素性を明かしてでも強く説得したところで、彼女自身が克服しなければ意味がないのです。逃げ道の潰し方が周到。ひでえよ。

 

さて、良かれと思って歌う場所を紹介したことが今は戦いの場所に誘ったことに意味が変わり、それがひなたを苦しめる結果になっている。

ひなたはそんなことを思いたくないし皆のことが大好きなのに、誘われなければよかったと思ってしまう。ライブバトルの世界に身を置かず、純粋にアイドルを目指せばよかった。そんな心の在り方が鈴音を傷つけてしまった。

大好きな鈴音を傷つける言葉ならばいらないと思ったひなたは声を失ってしまいます。

 

雑感

出てくるのは優しい人物ばかりで、アルミとミントも揺さぶりこそすれひなたに投げた疑問はただ興味から出たもののように見え、なのにこんな展開になっていることに慄きます。皆が優しいからこそ、この追い詰められた状況が余計に悲しいと思わされるのでしょう。

11章が公開された後、桜木ひなたのソロ曲『Teardrop』が公開、第12章公開と進んだわけですが、それを待っている間の退路がない感じは凄かった。

 

8人でライブバトルができなければきっと未来はないし、そうなれば8人の夢も叶わなくなってしまう。しかしひなたがどうやってチームに戻るのか、その道筋も見当がつかなかった。

このストーリーはPvP型のイベント:対戦LIVE BATTLEの開催中に投下されました。君たちは無邪気にイベントやって対戦してるけどひなたはそのライブバトルでこれだけ苦しんでるよ、というのを突き付ける意味があります。運営、良い性格してるぜ!

ということをリアルタイムで追っていた感想として書き残しておきます。

 

 

気になる伏線めいたものは、感情豊かな現在最先端のアンドロイド:Type_Zと未来からやってきた感情の薄いメイというギャップに先生が疑問を持つシーンです (11-5)。

どこかでMotherの考えが変わったのか?と彼は考えます。かなでの敗北と第12章で起きる2_wEiの試合放棄という失敗を経て、感情を持たない新型のアンドロイドを戦線に投入する可能性は高いと思います。

 

Special Movie、気になりますね。Motherは純粋に音楽の発展や進化を追求している科学者型のAIなのかなとイメージしていますが、この映像からだと明らかに深刻なエラーを抱えているように見えます。

まだまだ謎しかないので、次のストーリー更新で何が明かされるか楽しみです。

 

 

そしてこの世界観の音楽を取り巻く状況について。

いくらMotherが音楽産業(どの程度支配しているか明瞭ではないが、あえて産業と限定して言います)を支配しているといっても人間の生活に音楽は必要不可欠だし、根っこの部分で音楽をやる人間は絶えないだろうと思っていたのですが。

AI/アンドロイドが人間の仕事や居場所を奪うことで、音楽に夢を見られなくなって文化として大きく衰退する未来はあり得る話だなと思うようになりました。

ライブバトルで圧倒され、人間がやることじゃない(音楽やるなんてダセーよな)とか生業として生活していくのが難しいということになり、全部AIに外注化してしまった結果がメイが来た元の未来に繋がっていくのかもしれません。

そしてひなた達8人が音楽の未来を救うためにも、ライブバトルという土俵で勝たなければならないのでしょう。

 

第12章を終えて、8人それぞれのストーリーが終わりました。メイのソロ曲が残されていますけれどね。ん、8人…?

f:id:nozzey19:20190918213456j:plain

じゃ、次はシグマ(ワイリー)ステージだな!

8 beat story♪ 3周年おめでとうございます!

5/12虎ノ門ニッショーホールでの8 beat story 3周年記念イベント、『Standing on the stage』でした。それを振り返りながら、エビストについて書きたいことを書き散らそうと思いました。

続きを読む