エビストについて書きます

8 beat story♪と8/planet!!+2_wEi

8 beat story♪ 3周年おめでとうございます!

5/12虎ノ門ニッショーホールでの8 beat story 3周年記念イベント、『Standing on the stage』でした。それを振り返りながら、エビストについて書きたいことを書き散らそうと思いました。

続きを読む

8/pLanet!! + 2_wEi 今週はこれを聴け!! #4

f:id:nozzey19:20190515181708p:plain

8 beat story♪ = エビスト3周年、おめでとうございます。

今回スペシャルイベントが開催されて初めてエビストのイベントを見たという方も多いのではないでしょうか。

イベントの感想はさておき、5thライブ+リクエストライブ開催が発表されたことですし、今の段階で「これやるんじゃない?」と思う曲やおすすめの曲をいくつか紹介します。

 

その前に、YouTube公式チャンネルでリリースされている全曲を試聴できます。ライブのダイジェスト映像も!

ごく一部除き配信サイトで入手できるので是非ダウンロードしてフルを聴いてみてください。

www.youtube.com

 

 

8/pLanet!!

1.TRICK OR BLOOD

www.youtube.com

5thライブは10月。10月といえばそうです、ハロウィーンの季節ですね。吸血鬼の愛がテーマのハードでドラマティックな楽曲です。ただこういう曲を歌っても8/pLanet!!らしい可愛らしさを感じるのはボーカルのバランスやメロディの作り込みがあると思います。

昨年10月にChara1という外部イベントで披露されましたがフルメンバー8人ではまだ。

ハロウィーンといえば Halloween☆Night も。より楽しい楽曲です。

 

 

2.ホントの気持ち

www.youtube.com

3rdライブ(2017.11)よりも前にリリースされましたがライブ初披露がまだ。『Thousand Emotions』という5thライブタイトルはまさにエモーションということで、ある程度の構想があって『Remember』とともにこのピュアな佇まいの曲を温存したのではないでしょうか。こういう言い方はあまり好きではないのですが、5thではエモ散らかるような演出やセットリストが組まれる、そんな気がします。

2ndライブで『Sweet』『Bitter』の2本立てでやって以降、セットリストは曲数の多さを活かして、何らかのコンセプトに沿って組まれているように見えます。

人の心の中に眠る願いや夢を擬人化したリリックが面白い。ハニプラの素直な精神性がアレンジやメロディに凝縮されたような1曲です。

 

3.Remember

www.youtube.com

素朴なバンドアレンジの多さや口ずさみやすいメロディ、高い音域にボーカルの重心があるのがエビスト楽曲の特徴かなと思っていますが、それが作品中で最もよく表れている曲のひとつです。

1年生トリオ(ゆきな・ほたる・メイ=和氣・吉村・澤田)のふにゃっとした幼さ・可愛らしさがあるボーカルが、変わらない友情を歌った歌詞に良い味わいを与えています。エバーグリーンという言葉がよく似合う。可愛い音色のキーボードが聴きどころ。

『ホントの気持ち』と同じく作詞・作曲・編曲は2ndlifecrew。最初期から多くの楽曲を手がけてきた重要な作家のひとり。お洒落になりすぎない素朴なアレンジ、純粋で情熱を感じさせる歌詞はエビスト楽曲全体のイメージ構築にも繋がっていると思います。

2ndlifecrew楽曲で言えばやはり BLUE MOON は特別な位置付けにあって欠かせません。

3周年で披露された Dive to the Future 、秘密の部屋の女の子 なども氏の作詞・作編曲によります。

 

4.トキメキの15センチ

www.youtube.com

主人公・桜木ひな=社本悠メインの、初期の名曲のひとつです。

「先生」を慕う彼女のキャラソン的な要素もありつつ、恋する少女の情景が鮮明に浮かぶ美しさと可愛いらしさが詰まっています。

3rdライブ(ひなた・社本の誕生日!)ではイントロ映像が付き、生バンドで披露されました。その日の大きなハイライトです。

エビスト作家陣でも屈指のメロディメーカーNakaGo-Chi氏と多彩でポップなアレンジを見せてくれるmeta氏のタッグ。

あの日の約束 Tiny little letter もですがピアノが冴えます。

 

www.youtube.com

この曲も大切です。ベストアルバムにのみ収録…そろそろ配信解禁してくれないかな。

 

2_wEi

ライバルユニットである2_wEiの曲にも触れておきましょう。一貫してロック、エモ、メタル派生的なアレンジに、(ストーリーを受けての)キャラクターの感情を強く乗せた楽曲が作られています。虎牙アルミ・虎牙ミント=野村麻衣子・森下来奈の力強いボーカルも8/pLanet!!とは対称的です。

11/308/pLanet!!のライブに割と近い日程で2ndワンマンライブが予定されています。嬉しい忙しさですね。ライブ演出的にも世界観が作り込まれていて絶対に面白いので8/pLanet!!だけではなく2_wEiにも是非行ってみてほしいと思います。

 

5.Pain - pain

youtu.be

2人の始まりにしてシンボル的な『Desipair』よりもこちらを紹介します。

「パッパッパラッ」が渋谷系なら「ウォーウォーウォー」がメロコアとはよく言われることですが(本当か?)、それに従うならこの曲はメロコアの文法で作られています。いや、メロコアではないか

6連符を絡めたリフとシーケンス的?なフレーズで構成されるイントロ、シンプルにリズムを刻み疾走感を増幅するAメロ~サビのエレクトリック・ギターで、エビストの中でも最高のロックナンバーになっています。

やはりライブでドカンと盛り上がる、皆がライブキッズになれる曲です。1stライブ全3公演のシリーズではトリを飾って強烈な印象を残しました。

 

3周年イベントの朗読劇でも表現されたような音楽愛が、敵方ユニットの2_wEiにも通底して存在することが見える歌詞も素敵です。楽曲が増え(70曲!)作家陣も多くなっている中でも作品の哲学がしっかり守られていることは注目すべきポイントでしょう。

「閉ざしたフリしても恋焦がれてたメロディ なんで愛おしいんだろう」 2_wEiのストーリーを読めばきっと刺さるフレーズになるはずです。まだゲーム内では実装されていませんが、桜木ひなた(+メイ)のソロ曲と同様、ストーリー上で重要なタイミングに合わせてリリースされる気がします。

 

作詞・作編曲はシン・マナヒロ。8/pLanet!!Toi et Moi』、2_wEiでは『Despair』『LOVE HATE』『Heroic』で作詞・作編曲を手がけています。

Fuzzy N' Wonky』『Be alive』では作詞のみ参加。

 

6.UNPLUG

www.youtube.com

派手なシンセの音色や要所で入ってくるバスドラムの連打が特徴的な1曲です。レーザー照明のパワーとセットになったライブでの盛り上がりは半端ではありません。アルミを演じる野村麻衣子のはっきりしたブレス音も聴きどころです。

何かが決定的に欠落していて、傷だらけになり、しかしがむしゃらに今という時間を藻掻いて生きようとする2人の態度がよく表現されている楽曲です。

 

作詞・作編曲は5u5hi。すし先生。2_wEiではエモの影響を強く感じる…2人の内面を悲痛に切り取った『Numb』、8/pLanet!!では『Minus』『INFINIT3!!』『Outer Existence』を制作しています。

 

2_wEi8/pLanet!!4thライブ(2018.5)に乱入して『Despair』『UNPLUG』を披露したのがBlu-rayになったほか、今年3月に生バンドを導入して開催されたワンマンライブ『Driven to Despair in Tokyo Final』も映像化が決定しています。ワンマンライブはコンセプトが徹底され、こういうコンテンツもののライブとしての完成度は凄まじいものがありました。ぜひチェックしてみてください。参加しての感想は こちら に残しています。

 

その他

8/pLanet!! 1st~4thのライブ映像ソフトはこちらから購入できます。

むしろライブ・イベントを重視したコンテンツという見方もありますし、とりあえず買ってみますか!という姿勢で見てみることをおすすめします。

phonon-seiyu.com

 

 

 

このブログには色々と(やたらと長文で)作品紹介やライブの感想を書いておりますのでこれから始める方のガイドになればと思います。

今から始める 8beatstory♪ の手引書

今から始めよう! エビスト ゲーム開始後の攻略

8 beat story♪ 8/pLanet!! 2nd Anniversary 4th Live 『On the pLaNET!!』 感想

2_wEi旅(ちゃび)って何? どんな番組? どこが面白い? どこで買える? 調べてみた!

 

アプリゲーム『8beat story♪』に登場するユニット、2_wEi

2_wEiを演じる、まいちゃこと野村麻衣子と、らなちゃこと森下来奈が 日本各地をゆる~く旅する企画になってます

おもしろそうなものを見つけたり おいしいものを見つけたり

今回の旅はどんな出会いが待ってるかな?

私達と一緒にゆっくり楽しんでいってください

 

 

はじめに

いま、私たちはアニメやドラマではない、声優自身が出演する様々な種類の番組をテレビ、インターネット配信、DVDBlu-rayといった媒体で見ることができる。

バラエティ番組、旅番組、ラジオ。話題のゲームを遊ぶ動画。あるいは歌手・アーティスト活動でのライブ映像など。

こういう番組や映像は、キャラクターを演じる形ではない声優本人の魅力パーソナリティ、容姿、トークの面白さ、キャラクターを離れた場だからこその表現、などを求められて制作されている。声優という職業がアイドル化して長く、そうした興味に応えることがビジネス化することも(賛否はあるだろうが)自然なことだ。

 

www.youtube.com

最近ではTokyo 7th シスターズなどに出演している今井麻夏が大のサッカーファンということで、サッカー専門誌のライブ配信トークゲストとして登場したことが印象深い。自身のサッカーの見方や、クラブ・選手について楽しそうに話す彼女はとても魅力があった(私がサッカーファンであることを差し引いても)。私などよりずっと熱心に試合を見ているコアなファンであることが分かったし、もっと真剣に見ようと思わされたものである。

宮野真守のライブBlu-rayはツアー各公演の舞台裏の映像も充実しており、ステージから一歩離れた場所で見えるバンド・ダンサーチームとMAMOの、親友のような距離感には好感を持ちっぱなしだった。

Wake Up, Girls! ファイナルライブを終えた山下七海が『ななみんのねごと』で「これからはあの瞬間を超えるのを目標に頑張る」と話したことには驚いたし、彼女の強いパーソナリティに惹かれた(彼女にとってエビストがそういう作品になることを願いたい)。

 

そうした彼女や彼らの、演技ではない「素」に近い姿を知ることは楽しいし興味深いものだ。あるいは映像でなくとも趣味が同じとかで親近感を持ったりするものだ。

だが、あまりにも「素」のように見え、回っているカメラをほとんど意識せず振る舞う声優を見たら、どうだろうか。いいものを見たと喜ぶだろうか? 私は、ひどく当惑してしまった。

 

そんなDVDが登場した。

名を『まいちゃ らなちゃの2_wEi旅(ちゃび)』という。

8 beat story=エビストの2_wEiというユニットを演じる野村麻衣子=まいちゃと森下来奈=らなちゃが観光に出かける様子を収録したものだ。この2月と4月、立て続けに香川編と石川編の2枚が発売された。私はこの映像が好きだ。

ぜひ手にとって、映像作品としてなかなか見られないユルさ、リラックス具合を体感してほしい。

 

 

旅番組

旅番組というジャンルにはいくつか決まり事のようなものがあると思う。名産品の食レポとか、歴史や人物の紹介とか、美しい情景を見せるためのショットとか。そういう定番とは、その土地の魅力を伝えるための手段だ。

あるいは、旅の目的が設定されることがある。何かテーマやストーリーがあれば番組としての形を作ることができるからだろう。

 

www.youtube.com

エビストのメイ役:澤田美晴が出演している『温泉むすめの旅』を見てみよう。開始2分で那須塩原での飲泉・お土産・記念撮影という旅の目的が提示され、その後の構成もそれに沿いつつ、食レポなども取り入れられている。この映像も良いものだと思う。

温泉むすめというプロジェクトでは温泉地の振興がひとつの目標とされている。旅番組の様式に沿った構成を取り入れることは理にかなっているし、2人の可愛いところがしっかり映されている。

 

目的。2_wEi旅(ちゃび)には、そういうものは一切ない。ただ、2人がおいしそうに、楽しそうに観光し、なんでもない会話をする映像が収められているだけだ。あなたは、カメラを意識せずに2人の自然な距離感で振る舞う姿を見ることになる。2人のオフを覗き見ているようで、「これは本当に私達が見ても問題ない映像なのか?」と疑問を持つような自然さだ。

トークイベントでの発言によると、映像を撮るにあたって「食レポなんかいらんのじゃ」「ユルくてええねん」というディレクションが出ていたという。2人の自然で楽しそうな、可愛い姿を撮るのだという強い意志は確かに映像に表れている。その目的は成功を収めていると言えるだろう。

2人が持っている品の良さゆえか、演出的な映像ではなくともどこか画になる美しさがある。2人のファン、あるいは彼女たちが気になっているのであれば間違いなく見るべき映像だ。

 

  

香川編

 

ここからは各編について説明する。

昨年10月、エビストがライブ出展したマチ★アソビの翌日に収録された香川編。天気のよい10月ということで半袖のライブTシャツを着て軽やかな装いの2人を見ることができる。旅パートが30分、2_wEiアルバムのリリイベの映像(1stライブ直後)が42分という配分だが充実した映像に仕上がっている。

充実とは、まいちゃ・らなちゃの魅力がよく見えるという意味であって香川の良さが上手く説明されているということではない(言葉で説明しないということで、2人が楽しそうに過ごしているのを見て香川に行きたくなることは大いにあるだろう)。

旅パートは高松駅付近を散歩して海を見る(たこの唐揚げを食べる・完熟ももソーダを飲む)、電車に乗る(らなちゃがドア開閉ボタンを押したがる)、うどんを食べる、栗林公園を散歩する(舟に乗る)、高松市内に戻って骨付鳥を食べるという構成だ。

 

映像の雰囲気を掴んでもらいたい。2人の会話を紹介しよう。

栗林公園で池を眺めるシーン

n:野村 m:森下

m:涼しい のどか とてものどか とてものどかだよ

 

n:あれあれあれあれ

m:えっ?

n:あれあれあれ

m:カメ~ カメ~

n:カメ~

m:あっ さっきよりちっちゃい

n:なんでカメ来てくれんだろうね?

m:えっなんでカメ来てなんでも何も持ってないんだけど

n:カメって何かすぐ来るよね

m:カメ~ カメ~ 何かそこも来た~

n:カメ~

m:カメ~ カメ~

n:はやい!はやい!

m:泳ぐのさすがだ~

 

n:私平泳ぎしかできないんだよね~

m:えっクロールは?

n:できない

m:平泳ぎ難しくない? あっあっ喧嘩した!喧嘩した!かわいそう めっちゃ喧嘩してるよ だってほらアウアウされてる ほら

n:イジメられてんじゃん

m:ほらめっちゃイジメられてる かわいそう えっめっちゃ手噛まれてるんだけど

 

書き起こしていると「俺は一体何をやっているんだ」という気分になってしまう。しかし、本当に見てもらいたい。

 

2人がカメラを持って互いの姿を撮り合うシーンがある。カメラとの距離感が近い。

らなちゃがまいちゃにカメラを向けるシーンの会話。

m:香川どうですか~

n:香川はうどんがおいしい

m:私といっしょ へへへ

n:そうだね うどん

 

n:あと 親切な青鬼が

m:あー親切な青鬼ね

n:私はすごい気に入った

m:かわいかったねあれ

 

n:でも青鬼さんはさ 結構かわいそうだよね

m:青鬼さんが あ、そっか 親切だから 青鬼がそっか

n:そうだよ かわいそうだよ

 

n:青鬼はさ、どうなっちゃうんだっけ

m:えっ青鬼? え、どういう話だったっけ

n:なんか青鬼があ、ちがう、赤鬼が友達できないっていう感じで

m:うんうん

m:子供たちと仲良くなりたいのに仲良くなれないって思ってるんだけど 青鬼が じゃあ僕が子供たちを脅かすから

m:あ~

 

n:脅かすからそれで君は助けてあげてって言って

m:うんうんうんうん

n:で赤鬼は助けて、子供たちを助けて その結果人気者になって仲良しになれたけど 青鬼はなんかその、脅かしちゃったから誰とも

m:あ、そうだ! そういう話だったわ

n:めっちゃ悲しいよね

m:悲しい どっかで幸せになっててほしい

n:いなくなっちゃうんだったと思うけど めっちゃ悲しい かわいそう

m:いなくなって、隣町でお友達ができて、幸せに暮らしててくれればいいなと願う

n:ね そうだよね そう願うしかないよ

m:

 

m:えへ まいちゃが近くてよい えへへ

 

n:アイスどこだ

m:アイスどこだろうね

n:アイスを探す

m:ね、どこだろう

 

www.my-kagawa.jp

らなちゃは結構カメラを向いて話す一方でまいちゃは斜め後ろ姿か横顔が多い。2人のカメラの持ち方か、性格かもしれない。

 

 

石川編

 

今年1月収録。旅パートが12日、77分と大幅に拡大している。冬の金沢という敗北のヴィジョンが浮かばないシチュエーションだ。着物を身に着けた2人が散歩するシーンがハイライトだろう。コーディネートを真剣に検討するらなちゃの様子も大変良い。

近江町市場でウニ・牡蠣・能登牛寿司・コロッケを食べ歩く、旅館でカニを食べる(旬!)、海鮮丼とカニのおでんを食べると食べてばかりだが2人はとてもおいしそうに食べてくれるので非常にハッピーな映像になっている。

兼六園でも2人がカメラを持ってお互いの姿を撮るパートがあり、香川での出来事を思い出すなど2人の親しさが見える会話が聞こえる。着物ではないが庭歩きはやはり画になる。

最後の金箔細工体験のパートは動きが少なく2人も作業に集中してややうつむき加減だが、そのカメラを意識しない姿、距離感は貴重に映る。

 

兼六園でらなちゃがまいちゃを撮るシーンの会話。

m:なんか栗林公園は抹茶ソフト探したけどきょう食べたいものある?

n:うーん磯辺餅 磯辺団子

m:磯辺団子?

n:磯辺おでん食べたい!

m:おでん!

n:おでん食べたいんですよ

m:おでんね、入り口でカニ

n:そう カニのおでんが食べたかったのにカニのおでんだけ無くなってたんですよ

 

m:ねえまいちゃめっちゃ晴れてきたよ やった

n:らなちゃの力じゃんこれ 

m:やった~

n:私はなんの力も持ってない人間だから

m:えへへ だから大丈夫だよ だって2人合わさってるからだよたぶん

n:まいちゃなんかねさっきね、謎の石像発見したのあっちに ちょっとそのへん言ってみない?

n:私もそれ思った~

m:GO~

 

n:すごい 晴れてきた

m:ほんと晴れてきたじゃん やった~

n:晴れてきた~ 晴れてきた~

 

m:嬉しい 暖かくなってきたね

n:すごい暖かくなってきた

m:またタクシーの運転手さんに「こんなに天気外れることない」って言われるんだよ

n:晴れてきた~

  

こういったごく普通の会話を書き起こすと、普段意識しないが理路整然とした流れの会話というものはなかなかないことを確認できる。

 

香川・石川のどちらも、よくある番組の型を持たずに作られている。たまたまこういう映像が撮れたのではなく、ゆるい映像を撮るという指示があり、意図と再現性を持って作られていることも分かった。

カメラの前で自由に、軽やかに振る舞うまいちゃとらなちゃは魅力的だ。

ライブイベントでは一貫してアルミ・ミントというキャラクターを演じ、声優としての顔を出さない2人。まいちゃ・らなちゃの(おそらく)非常に素に近い様子を眺めるのもまたひとつの楽しみ方だ。

 

 

購入

あなたは今、2_wEi旅(ちゃび)の面白さを知ったことでDVDを買ってみようと思ったに違いない。そして「2_wEi旅(ちゃび)」と検索窓に入力するだろう。

その時あなたは難しいシチュエーションに直面する。通販サイトに2_wEi旅(ちゃび)が存在しないことに気付く。Amazonやヨドバシ、エビストと縁のあるゲーマーズPHONONのサイトでも見つからない。そう、このDVDは販路が非常に少ないのである。

 

現状、これを正規の手段で購入するにはエビストのライブ物販やゲーマーズ等でのインストアイベントに行かねばならない。これは人によっては難しいハードルだと思う。

もしかするとリアルイベントに来る人向けのファンアイテムという位置付けで、その時々に売り切れるだけの枚数しか生産しない方針なのかもしれない。

だが、今買うと決めたあなたは幸運だ。4/26、金曜日だが、2_wEi旅(ちゃび)石川編のリリイベ…トーク+サイン会が開催される。これを逃してはいけない。必ず、手に入れてほしい。 

  

えっ、大阪でインストアイベントやるついでに神戸で収録した!?(まいちゃが撮影したというらなちゃの新アイコンが良すぎる、シルエットが美しい)

 

余談・憶測

エビストの声優番組として『ハニプラTV』がある。学力テスト、お菓子の家を作る、ハンバーガーショップで調理・接客体験、アクセサリー作り、絶叫マシーン体験といった内容を通してハニプラの楽しいところを見せようという番組だ。言わば正統派のバラエティ番組だった。

だった、というのはだいぶ前にシーズン2の配信を終えてから続きが出ていないということだ。シーズン1DVDは発売されたものの、大人の事情と判断なのかシーズン2は未発売である。こちらはライブBlu-rayと同様に通販で買うことができる。

www.phonon-seiyu.com

 

一方通販では買えないが早くも第3弾発売内定の2_wEi旅。

おそらくこの違いは2_wEI旅(ちゃび)はクロノス社=エビストの開発元の単独企画であることが関係している。座組が身軽ならば出演者2人という単位も身軽で、それがこの展開の速さに繋がっているのだと思う。身軽さを活かして出来ることがあるならば是非やり続けてほしい。2_wEiが約束の地、ハワイに行くまで。

 

 

 

 

4/29追記:BASEにて通販が開始されました!