nozzey19の日記

8 beat story♪と8/planet!!について書きます

8 beat story♪ 第一回リーディング&ミニライブ企画〜真夏の海に刻まれた物語〜 感想 後編

気がつけばもう開催から1ヶ月以上経ってしまった。後編である。

 

コールアンドレスポンス

朗読劇は2部構成で、間にはミニゲーム的なコーナーが取り入れられていた。1st2nd Liveでも音ゲー対決や(ハニプラTV出張版として)古今東西をステージ上でやっており、恒例行事になりつつある。

今回のテーマは自身と他のメンバーの新しいコールアンドレスポンスを考えるというものである。

立花が無茶振りされたり(ロクサレーヌビーム)、青野が彩芽(幼少期)の演技をしたり、今回のボスはあなただからと言われていた社本が何をするかと思うとトリでラップを披露したりと愉快に終わった。

コールアンドレスポンスということで観客も参加する仕組みになっていて、これまでの見るに回る企画よりも良いと感じた。

 

朗読劇でひなた達が海辺で遊ぶシーンがこのコーナーの導入として機能していた。このバラエティ番組的な企画が朗読劇の中身に含まれるというと違う(キャラ名で呼び合ったりはしない)が、イベントをひとつの流れとして作り、演じる部分とそうでない部分の境界を曖昧にする意図も見ることができた。

 

ミニライブ(2)

ライブバトルのトーナメントを制したひなた達が観客からのアンコールに応えるという、やはり劇からの流れを受けてライブを披露する形になっていた。実際のライブパフォーマンスが劇の中で意味を持ってきて、演者がキャラクターとしての一面を帯びて歌い踊ることに着目することになる。

そういう意味であの会場にいた人々は補習授業をしている先生であり海辺のステージでハニプラのライブを見る観客でもあった。劇の中にいたと言って差し支えない。このイベントならではだ。

歌う曲は『DREAMER』。理事長も巻き込まれ、歌って踊った。

 

アンコールは『それゆけ!! 乙女のミッション!』、夜の部のみ追加で『Lovely Summer』。どちらもコールが入る賑やかな曲。サインボールが投げられるという演出?もあって意外性を出してきた。キャラクターサインなのか声優のサインなのかは取っていないのでわからない。今回の趣旨ならキャラクターサインだといいなと思う。

 

終演

そんな具合で最後に挨拶があり楽しい空気で終演となった。

劇の内容にはほとんど触れずに書いてきたが、音楽の未来を変えるというストーリーの上で重要なポイントになるものだった。

メイのいた未来では、この大会で試験的に出場したアンドロイドチームに人間サイドが大敗した記録があると語られたが、それを覆したことは今後の希望になる結果だろう(特に真相を知る理事長やメイにとって)。

ひなたは初めてリーダーという役割を任され彩芽のようにできないことに戸惑いながらも、最後は彼女らしく歌を楽しむ姿勢を失わなければ周りがついてきて支えてくれることを理解したようだ。

人間もアンドロイドも関係ないと言い切った彼女がこれからどう存在感を見せていくのか。メイにこの言葉がどう響いたのか。

物語はまだまだ続く。アイドル作品数あれどもこうした物語を中心に据えたリアルイベントは貴重であるように思うし、是非とも23度と続けてほしい。役者とキャラクターが重なる面白さで言っても音楽ライブ以上に濃かったはずだ。

 

その他の雑感

立花理香を初めて生で見た。美人。それ以上に関西人だ。

・最後の挨拶で吉村が「立花さんすごく美人で」と言うと「もっと見ていいのよ!」と迫る漫才がよかった(うろ覚え)。関西人だ。

・コールアンドレスポンスをやる時も進行役をやるのかと思えば完全に巻き込まれていた。

・「セクシーなの?キュートなの?」を全員にやらせて巻き込みながら自爆する吉村。

・マイクの前に立つ時の身振り手振りで金魚の役者ぶりが目立っていた。映画出演経験もあるわけだ。

・吉井のあやみん師匠が異常にかわいい。リンリン。

・鈴音がひなたに向ける視線は幼馴染以上の、簡単には片付けられないものがある。

・朗読中に感極まる社本。オーディエンスを煽る社本。

 

台本もほとんど読み返せておらず書き足りないところもあるがひとまずここまでにしたい。

う〜ん、俺は一生8beatstory♪についていくぜ。