nozzey19の日記

8 beat story♪と8/planet!!について書きます

8 beat story♪ 第一回リーディング&ミニライブ企画〜真夏の海に刻まれた物語〜 感想 前編

はじめに

少し時間が経ったが、8/19に開催されたエビスト初のリーディングイベントに行ってきた。声優がやる生の朗読イベントというのは初めての体験なので、朗読劇なら当たり前に思われそうなことも新鮮で面白いイベントだった。

大変良いイベントだったのでここに何がよかったのかしっかり書き残しておこうという記事である。最早私はエビスト大好きオタクになってしまって冷静とは言えないし、こういうイベントに足を運んだ経験もあまりないので疑問が付く点もあるかもしれないが。

 

概要

会場は日本教育会館の一ツ橋ホール。昼夜の二部開催。ハニプラのイベントは二部やるのがほぼ恒例だが例にもれず。私は両方参加した。

出演者は8/pLanet8人(和氣あず未は声のみ)、理事長役の立花理香立花理香はエビストのイベント初登場。

イベントの構成としてはミニライブ朗読ミニライブとなっていて、途中バラエティ番組(ハニプラTVかエビストニュース)的なコーナーもあった。

 

開演まで

会場のキャパは設備概要を見ると802人とあったがおそらく客入りは半分弱ぐらいだったか。ライブほどの集客は難しいということかもしれない。サッカーと同じで適切な大きさのスタジアム、集会場というのは大切だ。満員にならない長居スタジアムよりもキンチョウスタジアムの方が行く気が起きるものだから。

しかしともかく聞くということになると快適で、ホール自体もかっこよかった。

私の席は10列前後でなかなか良いのではと思っていたけれども(実際しっかり演者の表情等も見えた)客全体から見れば結構後ろの方であった。

 

朗読+ミニライブ

メイ(澤田美晴)理事長(立花理香)の諸注意があり開演。

最初は澤田・立花の『学び舎の空に』、社本・吉井・吉岡の『君はレモネード』(夜は青野・金魚・吉岡の『Tiny Little Letter』)が披露された。

立花が出演するということで『学び舎の空に』は披露されることが前からエビストニュース等で言われていた。盛り上げるよりも聞かせるタイプの曲だ。2人が歌いながらアイコンタクトなどしているのを見ると今後もやってほしいという気持ちが出てくる。8人の中でのやや特殊なポジションにいるメイ、という側面が出ているのが良い。

 

新衣装が作られていたことは私にとってひとつの驚きだった。今回のイベントも力の入ったものになると思っていたとはいえ、次の新衣装は3rdライブだろうなと勝手に決めてかかっていた。

朗読劇のシチュエーションが夏合宿ということで、眩しい白の衣装(全員デザインが違う)に様々なアクセサリーも用意され涼やかである。

朗読といっても生身の人間を見て聞くものだし、衣装も雰囲気を作る重要なピースになりうるのだなあと考えたりした。

割とシンプルなデザインで朗読劇という場らしい衣装になっていたと思う。これがもっと体を使った舞台とかになると違うのかもしれないが、コスプレ的にもならず、キャラと演者の距離感がちょうどいいというか。

 

全員が登壇し、自己紹介を経て朗読パートが始まる。

ライブバトルでアンドロイドに挑んでいるヒューマンサイドのグループが集まった大会が開かれ、それに合宿も兼ねてハニプラが参加するというストーリー。先生は夏季補習で来られないということで理事長が引率役である。先生は彼女達が手紙やメールを送る相手として登場する。そういう形で参加していると言えるかもしれない。

面白いと思ったのは、残念ながら今回のイベントに出席できなかった和氣、という状況を劇に落とし込んでいる点だ。和氣演ずるゆきなも役者仕事で合宿に来られないことになっており2人がまるで同一人物であるように扱われているのである。

そういうわけでゆきなはスクリーンに投影される形で和氣の声と一緒に登場し、忙しそうに仕事をこなす中で理事長に連絡を取ったりテレビからメンバーを応援したりしてくれる。

全員揃うのがベストだが、こういう中でも上手い見せ方をしてくれたというか、(ゆきなが合宿に参加している体でやるよりも)ある意味で不在を感じさせない形になっていることが嬉しかった。

キャスト陣とキャラクターの誕生日を一致させているあたりもそうだし、この二者の関係をどう扱うかという点でああこれがエビストのやり方だなと思わされた一件であった。また、仕組まれている面も大いにありつつ(エビストのひとつの狙いだろう)、キャストの振る舞い方にキャラクターの存在を感じることも一度や二度ではないのである。

 

つまり私からすると演者とキャラクターの距離感の近さが見えるのが今回のイベントだった、という風にまとめて前半を終えたい。

 

文中敬称略